よくある質問① はり(鍼)・きゅう(灸)治療について

Q1「はり・きゅう治療とはどういった治療法ですか?」

A1 はり・きゅう治療は東洋医学の治療法の一つで、不調を治そうとする、人がもともと持っている力(自然治癒力)を、はり・きゅうの刺激で上手に引き出し、身体のバランスを整えて機能回復をはかる治療法です。そのため身体に無理な負担をかけずに治療を行うことができますので、子どもからご高齢の方まで、幅広い世代に受けていただける安心・安全な治療法です。


 

Q2「はりは痛くありませんか?」

A2 当院では直径0.2mm以下の毛髪よりも細いはりを使っていますので、基本的にほとんど痛くはありません。ただし個人差はありますが、はり特有の感覚を生ずる場合があり、それを痛みと感じる方もいらっしゃいます。通常は患部にひびく感じで、慣れると心地よく感じられます

 また、はりの治療後に「少し重苦しい感じ」「だるい」など訴える方もまれにいらっしゃいますが、そのような反応は身体が治そうと頑張っている証拠です。多くは1~2日経つと治まり、症状が改善したと感じられます。


 

Q3「はりはきちんと消毒されていますか?」

A3 当院で使用しているディスポーザブル(使い捨て)鍼は、消毒滅菌されたはりが一本ずつビニール袋に入れられています。使用前に開封し、一回使用ごとに廃棄しますので、毎回新品で、安全かつ衛生的です。

 また、ほかにも治療前の手洗いを徹底し、患者さんに触れる場所はアルコール綿で消毒します。シャーレ(はりを一時的に置くトレー)、鍼管(鍼を刺入する時に使う細い管)は、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で清潔に保ったりするなど、特に衛生面には気を遣っております。


 

Q4「はり・きゅう治療は、腰痛などの身体の痛みを和らげるためだけのものですか?」

A4 はり・きゅう治療は、腰痛や肩こり、ひざの痛みなどの運動器の症状だけでなく、身体の様々な症状の改善に大変効果的です。

 たとえば頭痛冷え性月経異常食欲不振不眠症更年期障害眼精疲労気管支喘息花粉症鼻炎乗り物酔いなど、この他にも多くの症状を改善する効果があるといわれています。気になることがございましたら遠慮なくご相談ください。



※その他ご質問・ご意見がございましたら、遠慮なくご連絡ください。

【Email】takahashichiryoin@gmail.com