「世界基準の美容鍼灸」専門治療院☆誕生ストーリー☆


 高橋治療院  ミッション


【心のこもった鍼灸マッサージで、「自分を変えたい変わりたい」の気持ちを応援します。】


院長1歳の時

東北初!!

日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸院

誕生ストーリー


 1966年、昭和41年8月15日、「花火の街大曲」で視覚障がい者の父が経営する鍼灸マッサージ治療院の長男として生まれる。三歳上の姉がいる。

 

 終戦記念日に生まれたので、平和を愛する人間になるようにとの父の思いを込めて「和彦」と命名された。

 

 幼少の頃から、父が患者様の手、背中、お腹に手を触れるだけで

 

「体調がよくなったね。」

「かなり疲れてるね。大変だったでしょう。」

 

と体調を言い当てるのを不思議に思っていた。


  そして患者様に「お肌に触れると体調が分かる。体調が良くなるとお肌の調子も良くなる。」と笑顔で話す父と鍼灸マッサージに尊敬の念を持ちながら育つ。

 

 大きな病気もせずに元気に育ち、剣道の動きの美しさに憧れ小学3年生から地元の剣道スポーツ少年団に加入。


   団体戦の大将として小6の時には全国選抜剣道大会出場、中3の時に秋田県総体で優勝し秋田県代表として日本武道館へ行き、高3の時には秋田県の県南地区大会優勝と二十歳まで剣道に浸りっぱなしの生活を送る。

 

  中1からはフォークギター、高1からはエレキギターにも夢中になり、高校時代は勉強が後回しになってしまった事もあった。

 

 もう一つ中学高校時代に勉強以外で夢中になったのが「お菓子作り」。 

 クッキー、アイスクリーム、パウンドケーキなどを日曜日の部活動が終わってから良く作っていた。

 

第11回全国中学校選抜剣道大会 於日本武道館
中学3年生の時
高2修学旅行での一コマ
鍼灸マッサージ免許取得の為上京中の一コマ

高3の夏、進路に悩んでいた頃、患者様が父の手を取り涙ながらに「どこの病院でも治らなかった痛みが治りました。」と感謝する姿を見て感激し、多くの患者様に笑顔で接する父親の背中を追い掛けて鍼灸マッサージ師になることを決意する。

 

 高校卒業後に上京して東京鍼灸柔整専門学校(現東京医療専門学校)に入学。

 

   昭和63年に鍼師灸師あん摩マッサージ師の資格を取得。その後、剣道の稽古で怪我をした自らの経験から、外傷に対応する技術を取得したいと思い同校の柔道整復師科の夜間部に入学。

 

 昼は鍼灸治療院に勤務しながら夜は学校で勉強し、実家からの仕送りを断って自ら学費と生活費を捻出。早朝から深夜まで仕事と勉強漬けの2年間を送る。


 途中、疲労がたまり体調を壊して2か月ほど寝込んでしまった事もあった。

 

 そして平成2年に柔道整復師の資格も取得。臨床経験を積むために東京都内の鍼灸整骨院と整形外科医院で研修し、のべ2万人以上の臨を積み、25歳で実家に戻り家業の鍼灸マッサージ業を継ぐ。


  始めは父親の助手として鍼灸マッサージの仕事を始める。徐々に患者様の信頼を頂けるようになり、29歳の時に治療院を新築


   常に新しい知識と技術を追い求め臨床に還元。父親も継続して現役で臨床をこなして経営も安定する。

 

 その頃、剣道とギター三昧で勉強を全くしなかった高校時代を反省して放送大学への入学を決意


   視覚に障害のある父親の影響で幼少の頃から身体障害者との交流があった事から大学では福祉系学部を専攻。

 

 忙しい仕事の傍ら夜に睡魔と戦いながら勉強し、9年がかりで放送大学を卒業し学位を取得


平成19年秋田国体剣道競技完全優勝後の記念撮影

   同時にスポーツトレーナーとしての活動も本格化。

   

   特に秋田県剣道連盟のトレーナーとして平成19年の秋田国体において剣道競技4種目完全優勝に貢献


  多くの人々に笑顔を届ける事を達成し自信を深めた。

 

 しかし仕事が順調な反面、「身近な師匠である父親に追いついているのか?自分に足りない物は何か?」と悩む日々でもあった。

 

 ここで一つの転機が訪れる。

 

 41歳になった時、北海道で行われたある鍼灸関連学会に参加した際に多くの同業者と接したお陰で、「自らを育ててくれた東洋医学」と「地元の鍼灸マッサージ業界」の発展に貢献する事が自分の進む道だと目覚める。

 

 以降、積極的に地元の鍼灸マッサージ業界団体である「一般社団法人秋田県鍼灸マッサージ師会」の活動に従事。


   平成21年からは副会長、平成25年からは会長を務める事になる。


 東日本大震災時は災害直後に岩手県山田町に被災者の皆さまに鍼灸マッサージで元気をお届けしようとボランティアで現地入り。


   その他各種スポーツ大会でもボランティアで鍼灸マッサージの普及に努める。



(一社)秋田県鍼灸マッサージ師会総会で会長挨拶
学術講習会での鍼灸技術指導中
秋田内陸100キロマラソンでの鍼灸マッサージボランティア
美郷町で転倒予防体操の指導中
結納。緊張の顔つき。

 平成23年4月運命の女性と出会い翌平成24年結婚。



上田式美容鍼灸®認定講習会にて

 平成26年長男誕生。妻の手伝いもあり仕事は順調に推移。

 

 ある日「治療の翌朝はお肌しっとりで化粧ののりが良いです!」と、ある患者様からの言葉で大きな気付きを得る。

 

 ここで父が繰り返し患者様に伝えていた「お肌に触れると体調が分かる。体調が良くなるとお肌の調子も良くなる。」との言葉がよみがえる。

 

 妻がいつまでも美しく健康であって欲しいとの思いもあり、秋田県ではまだめずらしい美容鍼灸をメニューに取り入れる事を決意。文献、各種セミナーで研究を始める。

 

 しかし、顔への鍼の本数が多い、長い鍼を使用する、電気刺激を使う、頭蓋骨の調整など各論入り乱れる美容鍼灸の手法に翻弄され悩み、臨床に活かす事が出来ずにいた。

 

 ここでまた一つの転帰が訪れる。

 

 平成28年11月、日本で23年ぶりに開催された世界鍼灸学会の会場で「一般財団法人 日本美容鍼灸マッサージ協会(JFACe)代表理事」「ハリウッドスタイル上田式美容鍼灸 創始者」上田隆勇先生との運命的な出会いにより美容鍼灸に対する迷いが払拭される。

 

 「お顔は身体の鑑」として、


「鍼灸マッサージで全身治療し、内臓機能や自律神経に作用することで心身ともに健康になり、少ない本数の鍼で最大限の美容効果を出すと共に鍼灸マッサージの普及に貢献する。」


という(財)日本美容鍼灸マッサージ協会の理念に強く共感。


 多くの方に美と健康を提供させて頂く事を決意して平成29年5月に()日本美容鍼灸マッサージ協会認定鍼灸師となる。

 

その結果、


「鍼治療って怖くない。」

「お肌が綺麗になって職場のみんなに若くなったねって言われて嬉しい。」

「お肌だけでなく、体のいろいろな悩みの相談にも対応してもらえてとてもよかった。」

「体調がとてもいい。」 


といった患者様から多くの喜びのお言葉を頂き、幼少の頃からの父の「お肌に触れると体調が分かる。体調が良くなるとお肌の調子も良くなる。」との言葉を改めて強く実感する事になり、これこそが「長年自分が追い求めていた道だ。」と確信に至る。

 

 続く6月には東北で唯一()日本美容鍼灸マッサージ協会認定治療院となる。


 現在、国家資格取得後の職歴30延べ15万人の豊富な施術実績をもとに、


「秋田美人はもっと美人になれる!」


の思いを地元に発信し続けている。

 

 今後は東洋医学と西洋医学の分野を問わず多様な専門家と交流し、全国の鍼灸マッサージ治療院が多くの人たちに「まずは鍼灸マッサージの先生に体の相談をしてみよう。」と思ってもらえる「かかりつけ治療院」になることを目指します。

◆主な院外活動◆

2005年~2016年

秋田県剣道国体選手団トレーナー

 

2009年~現在

美郷町・各地区のふれあいサロンにて「介護予防のための健康体操」講師

 

毎年9月第4日曜日

 「北緯40°秋田内陸リゾートカップ100キロチャレンジマラソン」ゴール地点ボランティア

マッサージブース担当


      

受付 高橋直美

◆スタッフ紹介◆

受付・事務・Web担当

高橋 直美


「受付・事務・WEB担当の、高橋直美です。美容鍼灸を5回受けましたが、その効果にはとても驚きました。頬のラインがスッキリ、お目々がぱっちり、お肌の透明感アップ、大満足の仕上がりです。また、産後のあとの腰の痛みや、ぎっくり腰、そして特にありがたいのが、ひび、あかぎれに効くお灸など。いつも先生には助けられてます。」