美容鍼灸に関するよくある質問

Q1.美容鍼灸は即効性はありますか?
A1.即効性はありますが、継続して施術を受けて頂く必要があります。

  施術直後でも殆どの方は「目がパッチリした。」「フェイスラインがほっそりした。」

「お肌がスベスベになった。」といった効果を実感して頂けます。

 しかし、その効果が一生継続するわけではありません。

 約5回の施術で効果が維持される感じが分かるようになり、10回以上の施術で元に戻らない定着した感じになります。



Q2.どれくらい通えばいいですか?
A2.5回から10回は集中ケア、その後は月に1,2回が理想です。

 お肌とお体の変化が定着するにはある程度時間がかかります。ちょうどアスレチックジムで身体を鍛えるのと似ています。5回の集中ケアの後、お肌の状況に合わせて徐々に間隔を空けていくのが一般的です。

 カウンセリングを通じて最適な施術プランを提案させて頂きます。



Q3.美容鍼灸はどのような症状に効きますか?

A3.肌あれ、顔のシワやたるみ、リフトアップ、目の周囲のくまなどの

     改善が期待されます。

    美容鍼では、肌の奥にある筋肉や細胞に直接刺激を与えることができます。
 それにより組織や細胞が活性化されるため、修復作用が素早く働きリンパや血流が促進され、即効性が期待できるのです。
 効果の程度は、年齢や性別、肌の状態、施術の頻度によりますので、詳しくは当院までお問い合わせください。 



Q4.鍼を刺されると痛いですか?

A4.チクリと来る軽い痛みを感じる程度です。

 髪の毛ほどの細さの鍼を使用しますので、蚊に刺された時のようにチクッとすることもありますが、何も感じない場所もあります。痛みに対する感受性は個人差が大きいので一概には言えないのですが、思ったよりも痛くなかったという意見が圧倒的に多いです。
 顔は痛みに対して敏感ですので、全く痛くないと言うわけではありませんが、極力痛みの少ない施術に努めさせていただいております。


Q5.血が出たり、内出血で青くなったりしませんか?

A5.殆ど血が出ませんが、出血、内出血を完全に防ぐことは出来ません。

 使用する専用鍼は国産最高級品を厳選し、鍼を刺入する技術に関してはベテランの院長が細心の注意を払い行います。
 しかし、血の通った人体である以上、出血、内出血を完全に防ぐことは出来ません。
 全く出血、内出血が全く無い方もいらっしゃいますが、もし出血したとしてもゴマ粒程度の出血が1,2箇所程度です。1週間から2週間ほどで必ず消えます。
「内出血のあった場所の肌の張りがかえって良くなった。」という体験された方のお声も少なくありませんのでのでご安心ください。
 どうしても出血、内出血が気になるという方には、施術をご遠慮頂く場合もございますのでご了承下さい。

Q6.顔のメイクはおとしたほうがいいですか?

A6.メイクは落として頂きます。

 スクワランオイルを使用いたしましたお顔への施術もございますので、メイクを落として頂きます。メイク落としは当院でもご用意いたしております。


Q7.妊娠中の美容鍼灸は可能ですか?

A7.妊娠中の美容鍼灸はお断りしております。

 当院ではお腹のお子様に大事を取って美容鍼灸はお断りしております。


Q8.ワーファリンを飲んでいますが美容鍼灸は可能ですか?

A8.不可能とは出血、内出血をとてもしやすくなっていますので、鍼の施術に制限がございます。

 ワーファリンのような「抗凝固薬」、バイアスピリンのような「抗血小板剤」といった、いわゆる「血液サラサラ」の為のお薬を服用されている方はお体の症状を拝見いたしまして施術内容を変更することで対応頂く事もございます。
 しかしながらお体の状態に寄りましては、申し訳ありませんが美容鍼灸コースをお断りする場合がございますのでご了承下さい。


Q9.顔のみに鍼をすることはできますか?

A9.美容鍼灸コースは、全身治療を特徴としております。


「皮膚は人体最大の臓器」という考え方があります。
 そして、体調によりお肌の調子は敏感に変化します。
「お顔は身体の鏡」といえます。
 健康に基づいた美容が目的ですので、美容鍼灸コースは当院では全身治療を行っております。
    首や背中はもちろん、顔や頭にも美容と健康に効果のあるツボはたくさんございますし、肩こり、腰痛など、普段から気になる体調に対する施術も同時に行えますので、是非ご相談下さい。


Q10.シミには効きますか?

A10.シミにはその場で即効果が出るという事はありません。

    一般にシミとよばれている「肝斑」などの色素異常症にはその場ではすぐ効果が出ません。
    しかし、施術を重ねて頂く事で、肩こりや生理不順などの症状の改善に伴って、徐々に肝斑がある程度改善されることもありますので、ご相談ください。
 場合に寄りましては専門のお医者様をご紹介いたします。 


料金はこちら